Archive for 自分磨き企画

【お盆休み自分磨き企画】未来から逆算する

 

こんにちは、カスタマーサポートリーダー.comの古瀬欣也です。

今週は、お盆休み自分磨き企画をお届けしています。

今日は、未来から逆算するというお話です。

 

 

以前、CMでダイエットは明日からというコピーがありました。

明日明日と、いつまでも始めないことを皮肉ったものでした。

 

普段、素晴らしい業務の改善を思いついても、

いざ実行すると、様々な障害が発生し、

改善の実行が延び延びになったり・・・

 

また、部下育成についても、現状から積み重ねようとすると、

ついつい、明日でいいかと、現状維持が優先されてしまったり・・・

 

さらに、自分自身についても、新しく何かを学ぼうと思いながら、

明日から、次回でいいか、今忙しいから・・・

などと、どんどん先延ばしになってしまいます。

 

 

こういう時に有効なのが、未来から逆算してみることです。

5年後、10年後の姿をリアルに思い浮かべます。

そこから、5年前、10年前までの過程を逆算していきます。

 

5年後、10年後の姿になるためには、何が必要なのか?

MBAや資格取得が必要ならば、いつ取得するのか?

独立して成功している姿なら、いつ独立するのか?

その準備は?必要な人脈作りは?資金は?

 

将来の成功した自分に向かって、

成功の秘訣や失敗談をインタビューするつもりで、

5年前、10年前までをリアルに振り返っていくのです。

 

ここは、今はやりの「今でしょ!」ではないかもしれません・・・

しかし、今やるべきことも見えてくるはずです。

 

これは、個人だけでなく、組織にも使えます。

理想のチームを設定し、そこから必要な教育を逆算します。

 

そこには、会社の制度も考慮して、自分自身の転勤や出世、

部下の出世や退職も想定の中に入れておくのです。

 

 

5年後に理想のチーム作りが終わり、素晴らしい成果が出て、

あなたは、社内報でインタビューを受けています。

あなた自身は、2年前にその部署から外れていますが、

現リーダーが、あなたの施策によって現在のチームが出来上がったので、

あなたに聞いて欲しいと社内報チームに告げたためです。

 

2年前、あなたは、その部署から離れることになりました。

後任は、部下が昇進して就くことが決まり、必要なことは教えきった。

後は、彼が仕上げをしてくれればいいだけ・・・

転勤や異動も織り込み済みなので、教育を引き継ぎ、

理想の状態も教えてあったので、なんら問題はありませんでした。

 

その2年前、名の部下に、今後を託せるようにと、リーダー教育を始めました。

理想を語り、何を改善していくのか?

いつまでに、何をどうすべきなのか?色々な紆余曲折もありましたが、

概ね順調に育ってくれたと思います。思いがけない退職とかもありましたけど・・・

 

さらに、その1年前、理想のチームの構想が出来上がり、

まず、自分自身に必要な知識を学ぶために、1年かけることを決めました。

同時に、部下の適性やモチベーションの源を探り、将来のチームに必要な

人材の選定作業を始めたのです・・・

 

かなり長くなってしまうので、相当省略して流れだけになってしまいましたが、

こういった感じで、5分位のインタビューに応えるつもりで、できるだけ詳細に

語ってみて下さい。

 

都合のいい、ありえない妄想は入れず、実際に起こりうる想定にとどめて下さい。

たとえば、たまたま買った宝くじが2億円当たったとかは、なしです。

しかし、根拠のある話であれば、社長になっていても構いませんし、

有名人になっていても構いません。

 

人気コンサルタントでTVでひっぱりだこということであれば、

ブレイクのきっかけになった事件、

何のスキルで、いつ出版して、どれくらいのベストセラーになって、

ブログが大人気になって、ブログを開設して・・・

ブログは、今日はじめて、いきなり大人気にはなりません。

ある程度の助走期間が必要です。

そいうところは、きちんと踏まえて逆算してくださいね。

 

 

未来からの逆算は、取り組むべき目標や時期が明確になり、

理想の実現可能な未来を目にすることにより、

モチベーションの維持、マイルストーンの設定に効果的です。

 

1.01の365乗は37.8、0.99の365乗は0.03です。

少しでいいので、日々進化しましょう♪

 

 

 

 

 

 

カスタマーサービス・カスタマーサポート専門!

リーダー育成コンサルティング カスタマーサポートリーダー.com

【お盆休み自分磨き企画】癒しと学び

 

こんにちは、カスタマーサポートリーダー.comの古瀬欣也です。

今週は、お盆休みということで、自分磨き企画をお伝えしています。

今日は、癒しと学びについてのお話です。

 

あなたの生活の中で、癒しと学びには、

どれくらいの費用が費やされていますか?

 

癒しと学びは、仕事を遂行していく上で、

かなり重要な位置を占めています。

 

癒しには、レジャー費用も含まれます。

癒しとは、これまでの疲れやストレスを拭い去り、

明日から、また頑張ろうと思える状態にする費用です。

 

学びとは、新たな知識を増やし、別の視点を取り入れることで、

明日からの仕事を、より効率的、効果的に遂行する手段を手に入れることです。

 

癒しは、マイナスの心理状態をフラットに戻す費用、

学びは、これまでの知識に新たな知識を足す費用です。

 

もちろん、両者が混在するものもあります。

それは、旅行や映画、テーマパークや美術館などですね。

美しいものを見て癒されるつもり、派手なアクションでスカッとするつもりが、

何かを考えさせられたり、従業員や他のお客様の態度から学べるところがあったり・・・

 

他にも、両者の性格を備えている場合もあるかもしれません。

学びのつもりで行ったセミナーで、思いがけず癒されたとかです。

 

実は、普段の生活の中で、癒しと学びにお金を掛けているという認識が、

あなたの生活や仕事の状態を変えていくとしたら、どうでしょう?

 

自己投資という言葉を聞いたことがありますか?

文字通り、自分自身への投資ですが、この大部分が癒しと学びなのです。

 

自己投資を行うと、意識の中で自分の評価が高まります。

自分を磨いているという感覚が、他人とは違うという自己肯定につながります。

自己肯定が行われると、傍から見ると、自信があるように見えてきます。

 

すると、あなたの発言は信頼され、自信を持った行動は、安心感を与えます。

癒しと学びを意識することで、あなたの仕事に自信が漲るのです。

 

 

お金がなくて、癒しも学びも無理だと思われる方はいますか?

癒しは、ジュース1杯で、ほっとすることでも得られます。

学びは、ブックオフで本1冊を手にすることでも得られます。

ともに、100円程度から始められるのです。

 

大事なのは、自分自身が、

癒しや学びに費用を掛けていると意識することです。

 

喉が渇いたつもりでも、ジュースを飲んで癒しの一杯と意識し、

暇つぶしのつもりで買った本でも、学びの一冊と意識します。

もちろん、現代では漫画も十分な学びの要素を持っています。

 

 

毎日1%ずつ怠けていけば、1年後には、

1であった力は、0.03まで低下します。

 

逆に、毎日1%ずつ積み重ねていけば、

1であった力は、1年後には、37.8まで増強されます。

 

是非、今日から癒しと学びに意識を向けて、

1%ずつでも、力を伸ばし、自信を漲らせましょう。

 

 

 

 

 

 

 

カスタマーサービス・カスタマーサポート専門!

リーダー育成コンサルティング カスタマーサポートリーダー.com

 

 

【お盆休み自分磨き企画】キャリアプラン

 

こんにちは、カスタマーサポートリーダー.comの古瀬欣也です。

今週は、お盆休みを考慮して、自分磨き企画をお届けしています。

今日は、サラリーマンに大切なキャリアプランについてのお話です。

 

いま、ドラマの「半沢直樹」が大人気です。

ごらんになっている方も多いでしょう。

 

このドラマでは、組織が腐っていく状態が、

鮮やかに描かれていると思います。

 

金や出世、保身に走ると、どうなってしまうのか、

また、家族のためにプライドを捨てざるを得ない姿など、

身につまされるシーンが、あちこちにあります。

 

そこで、今回は、カスタマーサービスやカスタマーサポートの

キャリアプランについて考えてみたいと思います。

カスタマーサポートを営業や経理等、自分の職種に当てはめれば、

他の方にも参考になると思います。

 

 

Ⅰ:入社以来、同じ会社で、カスタマーサポート一筋で働く

これは、経営者にはなれませんが、カスタマーサポートのプロとなり、

早い時期に昇進、昇給が目指せる可能性が高いです。

カスタマーサポートのスペシャリストです。

企業が安定していることが絶対条件ですね。

 

Ⅱ:カスタマーサポートという仕事は変えずに業種業界に拘らず転職する

こちらは、企業が安定していない場合、上司に恵まれなかった場合に有効です。

カスタマーサポートという部署は変えずに、転職を重ねますので、

最初は、給料が安定しませんが、様々な業種を見ているので、

豊富な事例を持ったエキスパートになることが可能です。

 

Ⅲ:入社以来、同じ会社で、部署に拘らず、様々な分野で働く

サラリーマン社長や経営層への王道ですね。

優秀であることはもちろん、 人気や政治力も身に付ける必要があります。

MBAとか人材育成にも秀でるセネラリストです。

 

Ⅳ:カスタマーサポート専門職として自営業者になる

Ⅰ・Ⅱである程度の経験を積み、企業が行き詰ったら、この道を考えます。

セミナーや出版を行い、身に付けた知識を後代に伝える伝道者となる道ですね。

 

Ⅴ:販売や技術を持つ仲間と起業し、カスタマーサービス部門を担う

これは、そのまま共同経営者への道ですね。起業してすぐは、

カスタマーサポート部門についての知識を持っている会社はすくないので、

業界内で優位に起業を進められる可能性があります。

気の合った仲間を見つけられるかが勝負ですね。

 

ざっと5種類のキャリアプランについてお話しました。

私の場合は、ⅠからⅣになりました。Ⅴの話も頂きましたが、

自由にやってみたかったのでⅣを選んだ感じです。

 

実際には、Ⅰでありながら、Ⅲも兼ねていたりと一概には言えず、

これ以外にも、様々なキャリアプランが存在します。

 

しかし、どんな一流選手でも、裏では地道な練習が支えているように、

数年は、現在の職務に忠実に励む必要があると思います。

 

現在の某CMのように、会社が嫌だから、いきなり別の資格を取って、

起業するのでは、上手くいかない可能性が高いでしょう・・・

 

キャリアプランを見据えると、将来の布石として、現状の職務を

見つめ直し、積極的に学びとってやろうとも思えます。

ただ、日常に流されて、ぼーっと仕事をしている人とでは、

大きな差が生じてくるのです。

 

 

 

カスタマーサービス・カスタマーサポート専門!

リーダー育成コンサルティング カスタマーサポートリーダー.com

【お盆休み自分磨き企画】即決トレーニング

 

こんにちは、カスタマーサポートリーダー.comの古瀬欣也です。

 

今週は、お盆休みの方が多いので、ブログもお盆に合わせて、

お休み期間中にできる自分磨きについて書いていきます。

 

今日のテーマは、即決トレーニングです。

 

あなたの決断は、早い方ですか?

何事も、ぽんぽん決める即決型の人と、

様々なケースを想定し、じっくりと考える熟考型の人がいますね。

 

私も、どちらかと言えば熟考型なのですが、

仕事では、即断即決を求められるケースが少なくありません。

 

熟考型の人が、即断即決をしてしまうと、

もっと良い選択肢があったのではないかと、

決定に対して自信がもてなくなってしまいます。

 

ただでさえ不安なのに、これで判断ミスが生じたとしたら・・・

自分の判断に自信が持てなくなり、

セルフイメージの低下すら生じてしまいます。

 

これを防止し、熟考型の人でも即決を可能にするのが、

即決トレーニングです。

 

なにも、難しいことはありません。

注文するときに、5秒以内で決めるだけです。

テニスプレイヤーの松岡修造さんも、

「レストランでは、5秒以内に決める」という

トレーニングをされていますが、まさにこれです。

 

手近なところでは、自販機で何を買うか、

ファミレスでは、何を頼むかを即決してみてください。

 

最初のうちは、やっぱり、あっちにしとけば・・・

などと思うこともあるでしょう。

 

そして、ある程度の経験がついた時点で、

自販機やファミレスの注文で、即決と熟考した際の、

得られた価値、得られなかった価値の差について、

得意の熟考をしてみてください。

 

大して差がないことに気付くでしょう。

また、「次は、あっちにしてみるか」など、

結果に囚われず、善後策を考える癖がつきます。

 

 

実は、この結果に囚われない、善後策を考える。

この癖がつくことが大事なのです。

 

ビジネスですから、刻々と変化する状況によって、

朝礼暮改は当たり前です。

 

しかし、熟考型は、決断までに時間がかかり、

いろんな状況を想定しているので、

朝令暮改ができない傾向にあります。

 

これが、状況判断を想定の誤差の内においてしまい、

重大な判断ミスにつながのです。

 

 

ビジネスはスピードと言われます。

拙速は、巧遅に勝るとも言います。

 

朝令暮改は、状況に合わせるわけですから、

悪いことではなく、当然の結果なのです。

 

あなたも、このお盆休みから、即決トレーニングをはじめてみませんか?

 

 

 

 

 

 

 

カスタマーサービス・カスタマーサポート専門!リーダー育成コンサルティング

カスタマーサポートリーダー.com