カスタマーサポートは、軽視する

 

こんにちは、カスタマーサポートリーダー.comの古瀬欣也です。

 

今日は、カスタマーサポートは、軽視するというお話です。

 

カスタマーサポートに限らず、仕事には、短期で終わるもの、

時間をかけて、じっくり取り組まなければいけないものが存在します。

 

短期は、日々の業務であり、長期は経験という、

自身のスキルかもしれません。

 

しかし、人は、1日でできることを誇大に考え、

1年、10年かかることを軽視しがちです。

 

あなたにも、かなり以前に指示されたにも関わらず、

なかなか手を付けることができずに時間が経ち

締切ぎりぎりになって、無理矢理仕上げた

という経験があるのではないでしょうか?

 

 

それは、夏休みの絵日記みたいなものです。

日々取り組めば、なんでもないことを、

その日の遊びを優先し、よくて数日、

下手をすると、夏休み終了間際になって、

夏休み中の天気を調べ、イベントを思い起こし、

一気に数日で仕上げる・・・

 

当然、急遽仕上げたものの品質は落ちますが、

幸い、周りを見回しても、同程度の仕上がりなので、

自分は、数日で仕上げる実力があると、勘違いします。

 

つまり、低レベルな完成品が標準になってしまうのです。

 

イチローになりたいと思う野球少年は多くても、

イチローのように、小学生の時点で、365日中360日も

激しい練習をする子供は、なかなかいません。

 

そして、練習が重要であることは、

みんな気が付いています

 

しかし、日々の遊びの誘惑に負けてしまうのです。

 

練習は、自信へとつながり、良いコーチは、

自分の欠点を客観的に指摘してくれます。

 

 

「天才! 成功する人々の法則」という本の中で、

著者のマルコム・グラッドウェルは、

「どんな才能や技量も、一万時間練習を続ければ“本物”になる」

という一万時間の法則を提唱しています。

 

一万時間、膨大な時間です。

平日8時間で約5年、毎日8時間なら3年半です。

週末起業を考え、週末8時間なら、12年もかかってしまいます。

週末2時間だと、48年ですね・・・

 

しかし、毎日12時間やれば、わずか2年3か月です。

 

会社での実力を考えると、納得できるものがありませんか?

 

できる子で、3年で一人前・・・

では、できない子は?

 

実は、漫然とやるのと、意識を持ってやるのとでは、

かなり成果が変わってきます

 

 

漫然と取り組めば、8時間の実力を得るのに、

10時間や12時間が必要になり、

意識を持って取り組めば、8時間の所要時間が、

10時間や12時間の実力となって帰ってきます。

 

 

是非、今の仕事を漫然とこなすような軽視をせずに、

意識を持って取り組んでみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す