カスタマーサポートリーダーは、仕事を好む

 

こんにちは、カスタマーサポートリーダー.comの古瀬欣也です。

 

今日は、カスタマーサポートリーダーは、仕事を好むというお話です。

 

 

あなたは、仕事が好きですか?

 

好きでやっているという人もいれば、

生活のために、仕方なくという人もいるでしょう。

 

 

では、仕事のどのような部分が好きで、

どのような部分が嫌いですか?

 

実は、部下を指導するにあたって、

この問いは、かなり重要です。

 

人は、興味がないことを説得することはできません。

 

会社の方針に反発しながら、

会社の方針を部下に押し付けるのは無理なのです。

部下は、上司の反発を敏感にキャッチしています。

 

これは、普段の指導でも同じです。

あなたが信じていないことを、部下に指導しても、

全く説得力がありません。

 

部下を指導するには、まず、自分自身が理解し、

信じていることが、とても大事です。

 

つまり、仕事を部下に教えようとするのであれば、

まず、あなた自身が仕事を好み

信じる必要があるのです。

 

とは言っても、仕事である以上、

信じていないことを部下に強制しなくてはならない

という場面も、少なくありません。

 

そういった場合は、どうすればよいか?

 

一つは、役者になりきることです。

完璧な演技を決めましょう。

 

凶悪な犯罪者を演じきれるような、迫真の演技です。

まちがっても、あの子演技下手だよねと言われてしまうような、

アイドルレベルではダメです。

 

もう一つは、会社の方針を、信じられないまでも、

他人を説得できるレベル位までは理解します。

他人が見たら、信じていると錯覚するレベルです。

 

これに、若干の演技力をプラスすれば、完璧でしょう。

 

そのためにも、普段から会社の方針をよく理解し、

自身の言行と一致するように仕事をする必要があります。

 

つまり、仕事を好んで取り組んでいるように見せるのです。

 

 

 

 

コメントを残す