カスタマーサポートリーダーは、あきらめる

 

こんにちは、カスタマーサポートリーダー.comの古瀬欣也です。

 

今日は、カスタマーサポートリーダーは、あきらめるというお話です。

 

 

カスタマーサポートリーダーは、日常の業務の中で、

様々な不条理に遭遇します。

 

部下のありえない対応、

お客様の無茶な要求、

他部署や上司の無意味な要求

などなど・・・ですね。

 

そのたびに、バカらしくなってしまったり、

呆れや怒りを呼ぶものも少なくないのが残念です。

 

 

こういった時に、どう対応するか?

ずばり、あきらめましょう・・・

 

はい、あきらめです。

どうしようもありません。

おきてしまったものは、しょうがないです。

「覆水盆に返らず」です。

 

起きてしまったことは、そのまま受け入れるしかありません。

起きてしまったことを嘆くより、次の対処を考えましょう。

 

 

原因を責めるのは、後回しです。

現状で採れる最良の手段を設定し、

粛々と実行していけばいいのです。

 

事故は、必ず発生します。

人の間違いも、必ず発生するのです。

 

そんなとこを嘆く暇があるなら、

次の一手を、真剣に考えてください。

 

そして、ある程度解決の目途がついたら、

少しだけ原因を考えましょう。

 

ここで、他人のせいにしてしまっては、

解決は簡単ですが、再発も簡単です。

 

人が間違いを犯すなら、間違いを犯さないためにどうするか?

他者が理不尽な要求をしてくるなら、そうさせないためには、

どのような手段があるのか?

 

と、環境を変えることを念頭に再発防止を考えてみて下さい。

 

 

問題が発生しても、そのまま受け入れ、

個人の責任にせずに、根本的な解決策を立案する。

 

これは、あなたの器を大きくし、

周囲からみると、懐の深さを実感できるようになります。

 

そして、事故を発生するものと捉えて織り込むことは、

リスク管理にもつながります。

 

事故を発生しないものとして考えてしまうと、

なぜ起きたのか、この事故さえ起きなければと、

いつまでも引きずってしまい、本人も意気消沈してしまいます。

それが、第二、第三の事故を招かないためにも、

カスタマーサポートリーダーの懐の深さは、大事なスキルなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す