【お盆休み自分磨き企画】キャリアプラン

 

こんにちは、カスタマーサポートリーダー.comの古瀬欣也です。

今週は、お盆休みを考慮して、自分磨き企画をお届けしています。

今日は、サラリーマンに大切なキャリアプランについてのお話です。

 

いま、ドラマの「半沢直樹」が大人気です。

ごらんになっている方も多いでしょう。

 

このドラマでは、組織が腐っていく状態が、

鮮やかに描かれていると思います。

 

金や出世、保身に走ると、どうなってしまうのか、

また、家族のためにプライドを捨てざるを得ない姿など、

身につまされるシーンが、あちこちにあります。

 

そこで、今回は、カスタマーサービスやカスタマーサポートの

キャリアプランについて考えてみたいと思います。

カスタマーサポートを営業や経理等、自分の職種に当てはめれば、

他の方にも参考になると思います。

 

 

Ⅰ:入社以来、同じ会社で、カスタマーサポート一筋で働く

これは、経営者にはなれませんが、カスタマーサポートのプロとなり、

早い時期に昇進、昇給が目指せる可能性が高いです。

カスタマーサポートのスペシャリストです。

企業が安定していることが絶対条件ですね。

 

Ⅱ:カスタマーサポートという仕事は変えずに業種業界に拘らず転職する

こちらは、企業が安定していない場合、上司に恵まれなかった場合に有効です。

カスタマーサポートという部署は変えずに、転職を重ねますので、

最初は、給料が安定しませんが、様々な業種を見ているので、

豊富な事例を持ったエキスパートになることが可能です。

 

Ⅲ:入社以来、同じ会社で、部署に拘らず、様々な分野で働く

サラリーマン社長や経営層への王道ですね。

優秀であることはもちろん、 人気や政治力も身に付ける必要があります。

MBAとか人材育成にも秀でるセネラリストです。

 

Ⅳ:カスタマーサポート専門職として自営業者になる

Ⅰ・Ⅱである程度の経験を積み、企業が行き詰ったら、この道を考えます。

セミナーや出版を行い、身に付けた知識を後代に伝える伝道者となる道ですね。

 

Ⅴ:販売や技術を持つ仲間と起業し、カスタマーサービス部門を担う

これは、そのまま共同経営者への道ですね。起業してすぐは、

カスタマーサポート部門についての知識を持っている会社はすくないので、

業界内で優位に起業を進められる可能性があります。

気の合った仲間を見つけられるかが勝負ですね。

 

ざっと5種類のキャリアプランについてお話しました。

私の場合は、ⅠからⅣになりました。Ⅴの話も頂きましたが、

自由にやってみたかったのでⅣを選んだ感じです。

 

実際には、Ⅰでありながら、Ⅲも兼ねていたりと一概には言えず、

これ以外にも、様々なキャリアプランが存在します。

 

しかし、どんな一流選手でも、裏では地道な練習が支えているように、

数年は、現在の職務に忠実に励む必要があると思います。

 

現在の某CMのように、会社が嫌だから、いきなり別の資格を取って、

起業するのでは、上手くいかない可能性が高いでしょう・・・

 

キャリアプランを見据えると、将来の布石として、現状の職務を

見つめ直し、積極的に学びとってやろうとも思えます。

ただ、日常に流されて、ぼーっと仕事をしている人とでは、

大きな差が生じてくるのです。

 

 

 

カスタマーサービス・カスタマーサポート専門!

リーダー育成コンサルティング カスタマーサポートリーダー.com

コメントを残す