カスタマーサポートリーダーは、後出ししない

 

こんにちは、カスタマーサポートリーダー.comの古瀬欣也です。

 

今日は、カスタマーサポートリーダーは、後出ししないというお話です。

 

 

後出しと言っても、じゃんけんでは、ありません・・・

カスタマーサポートリーダーが、後出ししてはいけないもの、

それは、知恵や知識です。

 

問題が発生してから、それは、あーだ、こーだと言うのは、誰にでもできます。

問題が発生すれば、原因も見えやすくなりますし、対処法もわかるので、

言いやすいんですよね・・・

 

しかし、知恵や知識は、問題が発覚する前に活かしてこそ、有効です。

どんな知恵や知識も、後出しでは、意味がありません。

タイミングを逃してしまえば、価値を失うものも少なくないのです。

 

他人の失敗の指摘であれば、あーだ、こーだ言えますが、

自部署や自身の失敗だと、そうも言えません。

知恵や知識を活かさなかったときに起きるのは、後悔です。

 

あのとき、あそこで、ああしておけばと、

適切な対応を取らなかったことを、後悔するでしょう。

 

物事には、リスクが発生します。

行動したリスク、行動しなかったリスク、結果が、どうなるかの予測は難しく、

決断しないまま時が流れることもあります。

問題とは、そういった時に起きるものなのです。

 

こうした事態を避けるために、

知恵や知識は、普段から有効に活かしていく必要があります。

決断は、先延ばしせずにと言われるのは、このためです。

 

知恵や知識は、過去から導き出し、未来を導くものです。

問題が発生してしまった後では、後悔よりも、未来に目を向ける必要があります。

次の後悔を避けるためにも、今ここから知恵や知識を活かす必要があるのです。

 

問題発生時に何をしなければ、いけないのか?

原因の解明も、確かに必要です。

しかし、最も重要なのは、善後策です。

 

 

原因の解明に、あーだこーだ言う暇があるのなら、

まずは、善後策に知恵を活かしてください。

原因解明は、その次で大丈夫です。

 

くれぐれも、知恵や知識は、後出しにならないように気を付けましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本で唯一!? カスタマーサービス・カスタマーサポート専門のリーダー育成コンサルティング!

カスタマーサポートリーダーの自社育成を徹底サポート! -カスタマーサポートリーダー.com-

コメントを残す